ホーム>失敗しない中古自動車の選び方

失敗しない中古自動車の選び方

中古車の選び方

同年式、同走行距離でも自動車の中身は全く異なり、中古車には同じものが存在しません。
中古車選ぶということは、仕入れるお店を選ぶことになります。中古車には完璧な物はありません。何年も走ってきた自動車は、なんらかの不具合が発生する可能性がある事を前提で選びましょう。

数多くの中古車があるよに、たくさんの方がお気に入りの1台を求めて中古車を探しております。
好きな年式に好きな色、運命の1台に出会えたらすぐにお電話をください。「この車を探しているのは自分ぐらいだろう」は大間違いですよ。

ネットの写真に騙されないで!!中古車販売店は車を売ろうと見栄えのいい写真を掲載します。
ネットで見てすぐ予約するのではなく、なるべく実際に店舗に行って実車をチェックして乗車しましょう。できれば晴れの日にチェックしてください。
雨の日だとキズが目立ちにくくなります。 また、すでに在庫がないのに、掲載してあり「まだ、ございますよ」と言われて実際に行ってみると実物がなく、違う中古車を進められる「オトリ在庫」にもご注意を。

Check01

まずは車の顔である正面から、フェンダーが歪んでないかチェックしてください。少しでもズレがあれば事故車の可能性があります。

Check02

バックの時にぶつけたりした、擦りキズやへこみがないのか、またサイド部分や、気づきにくい下の方も忘れずにチェックしてください。

Check03

ドアやトランクルームと言った開閉個所もスムーズに開け閉めできるのか?内側部分にもキズがないか確認してください。

Check04

内装も要チェック。特に運転席は、他の座席と違いヘタんでる時がございます。

Check05

車検つきで試乗が可能な車の場合は店員にお願いしてみましょう。エンジンのかかり具合やエンジン音、排気ガスの色もしっかりとチェックしてください。

販売ノルマを達成するために早く売ろうと購買を急がせるお店や店員もあります。
親切丁寧な説明をしてくれるのか?前オーナーの「整備記録」があるか?店員さんが修復歴の箇所をきちんと説明できるか?確かめましょう。 アフターフォローが必要で、リスクがつきものの中古車は信頼できる店員から購入しましょう。

ページ上部へ